Nougat de Montélimar*Leçon48*ヌガー・ド・モンテリマール

f0105592_22194469.jpg

重い腰を上げて、糖菓の課題の続きを。
南フランスの町、モンテリマールの名前がついたヌガーです。








それにしても、さすが糖菓!と言いたくなるような工程・・・^^;
イタリアンメレンゲを作る要領で卵白を泡立て、そこへ高温のシロップを加えてさらに泡立てるものですが、
このシロップが2種類。
グラニュー糖と水あめを混ぜたものと、ラベンダー蜂蜜と水あめを混ぜたもの。
順に混ぜていくともったりと重いヌガーの生地が出来ます。
f0105592_2219658.jpg

そこへたっぷりのアーモンドとヘーゼルナッツ、ピスタチオを加えて混ぜ、
常温で固めてウエハースにはさめばヌガーの完成。
f0105592_22202518.jpg

ベースが卵白、という点であまり気が乗らなかったけれど、
食べてみれば意外にも美味しい!!(笑)
ラベンダー蜂蜜の風味と、たっぷり入れたナッツがヌガーの甘さを少しやわらげてくれるような^^
さすが製菓学校のレシピ・・・参りました^^;

f0105592_22205960.jpg
それにしても気が乗らないから・・・ときちんと作らなかった点は反省^^;
泡立てが十分でないまま切り上げてしまったり、
バーナーを使って生地の水分を飛ばす工程も省略してしまったり・・。
それゆえに、水分たっぷりで扱いにくい生地でした^^;

さて、ヌガー・ド・モンテリマールの名前は町からついた、と冒頭に書きましたが、
この名前をつけるには厳しい基準があるそうで。
卵白ベースの白いヌガーで、製品重量の30%のナッツを含むもののみ、
モンテリマールと呼べるのだそうです^^

ナッツの含有量が15%以上のものはヌガー・ブラン(白いヌガー)、
それより含有量が低いものはパート・ド・ヌガー、
甘味料のうち蜂蜜を20%以上含むものはヌガー・ド・ミエル・・・
などなど、じつに細かい規定があることにびっくり。
改めて、糖菓はフランス菓子の中で伝統ある分野なんだなあ~と思ったのでした^^

f0105592_22213788.jpg
ちなみに、扱いにくい生地は包むに限ります(笑)
ペーパーだと適度に水分も蒸発して、好都合でした♪

f0105592_22253761.jpg
このところ年度末らしく、幼稚園の行事やお手伝いもちらほら・・。
先日は大掃除に参加してきました(笑)
有志のみの参加なのですが、娘がお世話になった園を綺麗にできるのは嬉しいこと。
たくさんのママたちがお掃除にいそしみました^^

その間子供たちは園のはからいでプチ遠足へ♪
いつもは行かないような場所でたくさん遊べたみたいで、
「すご~く楽しかった!!^^」
・・と満面の笑みで帰ってきました^^
筋肉痛になるほどお掃除を頑張った甲斐があるというものです(笑)

あと少しで終わってしまう年少さん生活。
最後に親子ともに楽しい経験が出来ました^^


[PR]
by creme-chocolat | 2009-03-21 22:24 | *Pâtisserie 製菓通信講座*