ダックワーズ

f0105592_10502596.jpg

すっかり寝不足な日々。
大雨の被害があちこちで出ているようですね★
早く梅雨が明けてほしい・・・そんな気持ちでいっぱいです^^;
皆さんのところは、大丈夫でしょうか?

さて、寝不足のモト、であるところのフランス中継
とうとう、終わってしまいました~^^;
プロヴァンの中世都市、ヴェズレーの聖なる丘、リヨンの朝市、オランジュの古代劇場、アヴィニヨンの演劇祭・・・そして、マルセイユの聖堂。

昔と今を織り交ぜて届けられる映像は、思い出とも重なって、時に懐かしくなるほど。
ガイドブックの地図を広げて、記憶の中の小道もたどりながら。
私の大好きな「中世」は、この旅のハイライト♪

大自然もいいけれど、私は「人が作ったもの」にとても惹かれます。
時を越えて、国境も文化の違いも超えて、
それを作った人たちの思いを強く、感じられる場所。
気の遠くなるような年月の向こうの、普通の人々の生き生きした暮らし。
どの街にも、一度(あるいは再び)訪れてみたくなりました*^-^*
f0105592_10501097.jpg
さて、画像のお菓子は、ダックワーズ。
pino-whiteさんのところで見かけて以来、久しぶりに食べたくなって、焼いてみました^^
レシピは、たかこさん②より。
本来は小判型の型に絞り出して焼くお菓子ですが、
私はたかこさんに倣って、スプーンでドロップした素朴な形で。
もともとはフランスのお菓子、ダコワーズをもとに、
日本人シェフが編み出したダックワーズ。

材料はアーモンドプードル、粉糖、卵白だけ・・・と、マカロンと同じ。
でも配合と製法の違いで、全く違う食感になるので面白いですね^^
特においしいのがバタークリーム。
今回はブランデー少々だけで風味づけしましたが、
ラム酒+レーズンも外せない組み合わせ^^
いろいろ変化も楽しめそうですね^^
冷蔵庫でひんやり冷やして、いただきます♪
[PR]
by creme-chocolat | 2006-07-24 10:40 | *Cake & Gâteaux お菓子*